平成の婚活スタイル。恋愛結婚だけが手段じゃない!

結婚相談所に代わって仲人協会という選択肢もあります

なるべく制限なく色々な人と交流したり婚活を行いたいなら、前者の一般向けの結婚相談所が狙い目です。
30代や40代なら参加できる基本的な条件を満たしていますし、定職があって収入が安定していれば、それだけで結婚のチャンスが発生します。
平成の婚活スタイルとしては、結婚相談所に代わって仲人協会という選択肢もあります。
仲人協会とは、月会費の要らないサービスのことで、安価な入会金とお見合いが発生した時にお見合い料を支払うシステムなのが特徴です。
高額な入会金は不要で、サービスの利用中にランニングコストは発生しませんから、一般的な結婚相談所に抵抗感がある人に向いています。
両親や友人が本人に代わって相談、といった方法で婚活を進めることも可能なので、本人に結婚の希望があっても行動を起こさないケースにも最適です。
気軽にできる婚活なら合コンも1つの有力な方法ですし、婚活目的の合コンなら前向きな男女の出会い方に期待できます。
ある程度は参加者の希望が絞られる傾向なので、色々な人と交流したい場合にはやや向かないものの、相手も結婚希望者なのでそれを前提としたお付き合いに期待できます。
合コンは恋愛結婚に分類され準ずる出会い方ですから、本人の意思や行動力が求められますが、それでもチャンスの1つとなるのは確かです。
基本的には話し合いで交流が進められますし、趣味が合致したり意気投合できる相手が見付けられれば、直ぐにでも結婚を目指したお付き合いができるようになるでしょう。

テレクラ-90年代の仙台テレコミを懐かしむ:https://t.co/ZN5XJDSJ06 ~ タイトル通りです。
今でもテレクラはあるようですが、まさに栄枯盛衰といった感じですね。
90年代はテレクラに加え、ダイヤルQ2・プリカ式ツーショット等、様々な 商品が出ては消え、淘汰されていきました...

— ツーショットダイヤル (@bb0ldsjn) 2018年11月6日

結婚を決めるまでの男女のあり方が豊富になっている | 結婚相談所に代わって仲人協会という選択肢もあります | もっとチャンスを増やしたいならば婚活パーティー